プロペシアの効果&副作用 TOP >プロペシアの副作用

副作用を知っておくことの重要性

良い治療薬には、それなりの副作用があるのが普通となってきています。良薬は口に苦しという言葉がある用に、これは医薬品の宿命なのかもしれません。それゆえに本当に万能な薬というのはこの先出てこないかもしれません。しかし副作用は防ぐことは可能です。ほとんどの場合、量や頻度を間違わなければ副作用に対して必要以上の心配をする必要はなくなります。ただ、量や頻度を守っていても極まれに体質的なもので副作用が出てくることもあります。そのため副作用がどのような形で出てくるかを知っておくことは非常に大切になります。男性型脱毛症に効果的なプロペシアの場合も例外なくそうです。


副作用を感じたらがまんしない

プロペシアはもともとは前立腺肥大症などのものに用いられていた為、性機能に関して影響を与えます。そのため副作用も性機能に関連したものとなっています。性欲減退がから始まり、勃起不全や精子の減少などの機能的な支障が見られることもあります。また頭痛や腹痛などのような症状も見られることもあり、薬を服用しているときはこのような普段はあまり気にするようなものでない症状にも、注意する必要があります。また動機や息切れが激しくなったり、発疹もでてきたりします。もしこのような症状が見られたときはすぐに医者に行き診察してもらうのが良いでしょう。我慢していても良いことはありません。


副作用の存在を軽く見ない

どんな薬にも多かれ少なかれ副作用は存在します。プロペシアにも当然存在することになります。副作用は個人差が大きく影響するので、どの程度の人が発祥するかというのは目安にしかなりません。しかしプロペシアの副作用の発祥率は5パーセントほどであり、あまり大きな心配をする必要もないということを現しています。副作用が心配であるのなら、自分自身がアレルギー反応などの症状をもっているかということを確認しておくことが必要となります。またもしあるのならば、しかりと専門機関の人に相談することも大切です。