プロペシアの効果&副作用 TOP >プロペシアの効果が期待できるまでの料金

保険の適用外

現段階で日本では男性型脱毛症の治療には保険を適用することはできません。そのため診療から薬代まで全て自分のお金で出すことになります。ある程度の出費は覚悟しておく必要があります。また自由診療という形をとっているため薬の料金は病院によって変わってきます。安いところもあれば高いところも当然あります。保険が適用されてないことで薬の料金は基本的に高くなってしまいます。しかし安く手に入るところを探すことでいくらか負担を減らすことも可能です。長期間の治療となる場合も多い為、少しの値段の差が大きな差になることも少なくありません。しっかりと確認をしておくことが重要です。


診察代も考えて

薬の料金は1錠あたり大体300円前後であることが多いです。決して安いものではなく、長期的に利用するとなると大きな負担となってきてしまいます。そのためできる限りやすく手に入る病院などを探しておく必要があります。しかしこのとき注意しなければいけないのが、薬の料金だけで決めてはいけないということです、薬をもらうためには当然診察を受けなければいけません。その診察代も保険適用外なので、考えていかなければいけません。診察代と薬代の両方を考えて、一番安くすむところで治療を開始するのが良いと思います。


後悔のない判断が大切

治療していくのも決して安いお金ではありません。保険が適用されないのは非常に大きな負担となります。しかし、悩みを解消したいという思いが強ければ強いほど、多少の出費は覚悟をしている人が多いものです。覚悟をしているからこそ、安くできる方法や、場所を探してみてください。病院以外でも薬の入手方法はいくつかあります。それは個人輸入代行によるものです。しかしこの方法では診察などは受けられず、何かあったときに対応ができない場合もあります。健康に関わる部分も大きくあるため、しっかりと判断し、後悔のないような選択をする必要があります。どのような価値観を持つかが非常に重要となってきます。