プロペシアの効果&副作用 TOP >プロペシアの効果が現れるまでの期間

薬は効くまで時間がかかる

即効性のある薬といっても飲んでその場ですぐに効くという薬はありません。それは服薬する薬には非常に強く言えることで、体に吸収されない限り薬の効果は実感できないのは当然であり、仕方のないこととなります。そのため、服薬の薬は継続して飲むことが重要となります。このプロペシアもそうです。飲んだからといって一日二日で効果が出ることはなく、継続して利用していくことが重要です。すぐに体感したいと思うのは誰でも思います。その気持ちをある程度コントロールしていく努力も効果的な薬に必要となってきます。


継続が一番の近道

プロペシアは継続して利用することではじめてその効果を発揮してきます。そのため薬の継続しての服用が大変重要となってきます。一般的に効果が現れるのは6ヶ月を過ぎたぐらいとなってきています。しかし効果というのは個人差による影響を強く受けるので、必ずしもこの6ヶ月に効果がでてくるとは限りません。早い人で3ヶ月ほど、遅い人では1年近くかかる人もいます。ある程度根気強く服用していくことが必要です。また早い人でも3ヶ月ほどかかるということから、最低でも3ヶ月服用しないと効果はあまり期待できません。また途中で飲み忘れや飲まない期間が出てくると、薬の効果を予想しづらくなってしまうので、できる限り飲み忘れなどを防ぐことも大切になってきます。


モチベーションを保つ

どのような薬でも、すぐに効くというのはあまりありません。特に服薬するタイプではいくら即効性があるといっても、飲んですぐに効くということはありえません。プロペシアは症状の改善といっても、自分の意思次第でいくらでも症状の変化は変わってきます。そのため薬を飲んでいるときのモチベーションの保ち方も重要となってきます。どれだけ薬を忘れないで飲めるか、どれだけ効果を期待して待てるかなど多くの精神的課題が存在します。継続して飲むことは意外と難しく、それができてはじめて薬の効果を実感できます。