プロペシアの効果&副作用 TOP

このサイトについて

飲む育毛剤「プロペシア」
この医薬品が販売されるようになって薄毛に悩む人は格段に減ったと言われています。これまで解明されていなかった薄毛の原因は、今や科学や医療の発達によって解明されていると言えます。そして、その治療方法も確立されています。医学の見地にもとづいた確かな薄毛治療薬であるプロペシア。

当サイトでは、そんなプロペシアの効果と商品情報、そして薄毛の原因である男性型脱毛症のメカニズムについて丁寧に説明しています。

プロペシア(フィナステリド)について知っておきたいこと

男性型脱毛症の用語の中には多くの難しい聞きなれない用語があります。このフィナステリドという単語もそのうちのひとつだと思います。このフィナステリドとは、後のプロペシアであります。そのため男性ホルモンの働きを阻害する抗アンドロゲン薬の一つです。詳細

最近になり男性型脱毛症というものが有名になってきました。そのため薄毛で悩んでいる人の改善策となる有効な薬もその名を耳にすることが多くなってきています。その薬はプロペシアと呼ばれています。このプロペシアは錠剤タイプの飲む育毛剤といわれていて、男性型脱毛症に非常に効果を発揮するとされる薬です。

プロペシアは基本的に一日一回一錠を毎日飲んでいきます。一錠の量は1mgとされていて、人によってはこれ以下の場合もありますが、これ以上服用することは禁止されています。また薬の種類によってはこのプロペシアと同じような効果のある薬もあります。そのような場合一条であると1mg以上の量になってしまう場合もあるため、切って服用する必要がでてきます。自分の使用する薬がどの程度の量化をしっかり把握しておくことが大切です。

プロペシアは継続して利用することではじめてその効果を発揮してきます。そのため薬の継続しての服用が大変重要となってきます。一般的に効果が現れるのは6ヶ月を過ぎたぐらいとなってきています。しかし効果というのは個人差による影響を強く受けるので、必ずしもこの6ヶ月に効果がでてくるとは限りません。早い人で3ヶ月ほど、遅い人では1年近くかかる人もいます。

プロペシアは男性型脱毛症の症状改善に非常に効果的だということがわかってきました。そのため日本でも最近になりこの薬が使用可能となりました。これによって多くの人の悩みに向き合うことができるようになり、人々の健康にもつながっていきます。プロペシアの効果を実感している人は多く、多くの人がその効果があったという結果も出ています。

プロペシアはもともとは前立腺肥大症などのものに用いられていた為、性機能に関して影響を与えます。そのため副作用も性機能に関連したものとなっています。性欲減退がから始まり、勃起不全や精子の減少などの機能的な支障が見られることもあります。また頭痛や腹痛などのような症状も見られることもあり、薬を服用しているときはこのような普段はあまり気にするようなものでない症状にも、注意する必要があります。